menu

注目の納豆菌「S-903納豆菌」
納豆菌で感染症予防・アレルギー抑制に効果

2000種以上の納豆菌から選びぬかれた
「S-903納豆菌」の免疫力アップ効果は1.5倍

納豆をつくるために利用される「納豆菌」は、わらなどに付着している枯草菌の一種です。採集された環境によって多くの種類の納豆菌があり、味やにおい、健康に与える菌の性質がそれぞれに異なっています。おかめ納豆の「タカノフーズ」は、納豆菌を長年収集し、研究して、2000種以上の納豆菌の性質を明らかにしてきました。そうして、幾多ある納豆菌の中から、納豆製造に向いていて、免疫に対する機能性が非常に高いスーパー納豆菌を見つけ出したのです。それが「S-903納豆菌」です。 S-903納豆菌は、納豆製造に一般的に使われている納豆菌に比べて、免疫に対する機能性が約1.5倍もあります。

免疫に対する機能性(IL-12誘導評価)

スーパー納豆菌 S-903納豆菌

スーパー納豆菌「S-903納豆菌」に、インフルエンザ予防効果があることを確認

マウスを使った実験によって、スーパー納豆菌「S-903納豆菌」がインフルエンザウィルスの増殖を予防し、感染後にも体内での抗体生産量を高める効果があると確認されました。また、その関与成分としては「S-903納豆菌」と「S-903納豆菌」が大豆を発酵させることでつくりだされる納豆の糸成分の可能性が示唆されました。

マウスに対する投与実験の概要

インフルエンザウイルスに感染させる7日前から、マウスに納豆、納豆菌、納豆 エタノール分画物(主に納豆菌の発酵物・代謝物と納豆の糸成分)を継続して経口投与し、感染3日後に肺のウイルス量を測定。

※ 納豆を水で抽出した液に多量のエタノールを加えて発生した沈殿を「納豆エタノール不溶画分」、上澄み液を「納豆エタノール可溶画分」とした。

肺中のウイルス量

スーパー納豆菌「S-903納豆菌」には、鼻水を抑える効果があることを確認

スーパー納豆菌「S-903納豆菌」には、鼻過敏症のモデルであるTDI感作モルモット試験による鼻汁量測定試験の結果より、鼻水を抑える効果があることが示唆されました。

モルモットに対する投与実験の概要

鼻過敏症のモデルであるTDI感作モルモットを用いて、「S-903納豆菌」を38日間摂取させ、抗原によって誘発される鼻汁量を測定。

鼻汁量

スーパー納豆菌「S-903納豆菌」には、花粉症症状の緩和にも効果が期待できる

2014年春に花粉症患者にスーパー納豆菌「S-903納豆菌」でつくった納豆を食べてもらい、鼻水や目のかゆみなどの諸症状の改善効果につき調査しました。その結果、食べたことで鼻炎症状の緩和やくしゃみ、目のかゆみ等の和らぎが見られ、花粉症症状緩和効果が示唆されました。

花粉症患者への調査の概要

花粉症患者に「S-903納豆菌納豆」を10週間摂食してもらい、非摂食の人と比較して花粉症症状が緩和されるかを調査した。(調査期間:2014年2月〜4月 n=50)鼻アレルギー診療ガイドライン(2013年版)を使用し評価。

※タカノフーズ調べ

水っぱな
くしゃみ
目のかゆみ

※S−903納豆菌は、「免疫に対する機能性を高めた納豆及び抗アレルギー用組成物」で2012年特許取得(特許番号第5090754号)

タカノフーズの取り組み